ウェディングドレス選びの前に・・。

ウエディングドレスとは、結婚式において、花嫁・花婿が主役なのですが、その主役と同じくらい、重要で、とても大切な役割を持っているものです。相談所だけでなくウェディングドレスについても気を配る必要があります。

ウェディングドレスを着る花嫁は、元々、サフランで染めた黄色い衣装・そしてヴェールを身にまとっていたものであるといわれています。元々、現在のような白色が主流というわけではなかったようです。

その黄色い衣装が、現在のような白い色となったウェディングドレスに、ヴァージンロードが主流となったのは、花嫁の処女性をとても重要視しているキリスト教が広まってからのことになります。
また、一度しか袖を通さない白いウェディングドレスというのは、当時の権力や財力を誇示するための象徴でもあったとされています。

日本に目を向けてみると、日本におけるウェディングドレスともいえる「白無垢」や「打掛」といった服は、その当時における武家たちが、その権力や財力の象徴として作ったという衣装といわれています。このあたりは、上記で書いた、白いウェディングドレスと同じ意味があると言えます。
また、白い色の衣装には、当時は「生まれ変わる」という意味での"死に衣装"という意味も込められていたようです。

なお、ちょっとした豆知識的なことを書いてみますが、その当時、女性が嫁いだ場合、その女性は実家の家族では無くなってしまうという風習がありました。現在では考えられないことですよね。
また、キリスト教の挙式においては、花嫁は肌を出してはいけないとされていたために、ハイネック・長袖・ロングトレーンといった、肌の露出を控えたタイプのウェディングドレスが慣例となっているということです。
海外での挙式、また、海外でなくとも、規律に厳しいような教会で挙式をする際には、こうした宗教上の決まりごとをよく確認したほうが良いかもしれませんね。

・・ちょっと話が脱線してしまいましたが、また話を戻してみたいと思います。

ウェディングドレス選びの重要性

ウェディングドレスは、あなたが結婚式を行う際に、とても重要なものです。
ウェディングドレス一つで、結婚式の際の、あなたの「見栄え」が全く変わってしまうようなこともあるのです。
そんなウェディングドレスの選び方がよく分からない・・自信が無いといったような方もいらしゃると思います。

そこで、このサイトでは、そうしたウェディングドレス選びに関することを中心とした話題を取り扱っています。
ウェディングドレスについてよく分からない・・オーダーって何?レンタルドレスって?といった人に、このサイトを使って欲しいと思います。

また、皆さんからのウェディングドレスに関する情報や、体験談なども、もしよろしければ、このサイトに送ってください!皆さんのウェディングドレスに関するお話、ぜひ聞かせてくださいね!

注目サイト

最終更新日:2019/4/26

pagetop