1. 結婚でチョイス!ウェディングドレス>
  2. ウェディングドレス試着前の準備

ウェディングドレス試着の前にやっておくこと

当日身に付けていく下着やストッキングについて

特に、試着を行う際に、ストッキングを着用していくのは、基本的に「マナー」となっています。忘れずに着用していきましょう。
また、ウェディングドレスは、胸の部分が大きく開いているようなタイプもあります。そうしたタイプも多くあるため、あなたがそうしたタイプのウェディングドレスの試着をすることになるのかもしれません。
そうした場合に対応するために、当日着けていくブラジャーは、ストラップの脱着が可能となっているタイプがベストといえるかもしれません。

また、ウェディングドレスの試着当日に、あなたが履いていく靴のことなのですが、おそらく、試着する過程で、何回も履いては脱いで・・といったことが考えられます。その時に、ブーツなどを着けていくと、着脱が非常にしにくいものとなってしまいますので、ブーツなどの履きにくい・脱ぎにくい靴などは避けるようにしましょう。

カメラで、自分のウェディングドレス姿を撮影して検討する

ウェディングドレスの試着当日、カメラを持参し、帰宅後・もしくは後日、自分自身でウェディングドレスを着たときの印象が確認できるようにしてみてはいかがでしょうか。
試着した時に着たウェディングドレスで気に入ったものがあったとしても、あとで周りの意見を聞いて見たいという人も居るかもしれませんよね。そのような場合に、カメラを持参して試着に望むのは有効だと思います。
ただし、ウェディングドレスのお店によっては、カメラを利用した撮影の禁止をしているお店もあります。
実際にお店に行ってから、「撮影はNG」と言われてもあまり良くないので、カメラを持参する際には、必ず事前に確認するようにしましょう。

みんなの意見も聞いてみては?

こうして、ウェディングドレスを試着しに行く前の事前準備ができたのであれば、
ウェディングドレスのお店の人に、自分の意見・イメージをしっかり伝えたうえで、気に入ったウェディングドレスをお店の人に用意してもらって、ドンドン試着していくようにしましょう。

その際に大事なことですが、ウェディングドレスの試着をする場合は、大抵彼氏と一緒に行くものだと思います。もちろん、ウェディングドレス姿を彼に見せたい!彼にキレイと言ってもらいたい!という気持ちで、ウェディングドレスを着るもいいのですが、
できるだけ、彼氏だけではなく、あなたのことをよく知っている家族・とりわけ母親や、親しい友人に同行してもらって、意見を聞くということも、自分自身にピッタリの一着を見つけるための、近道の一つといえるでしょう。

ヘアーメイクについて

これから試着しに行くウェディングドレスと同じような感じで、ヘアーメイクの部分も、あなた自身に似合うスタイルを見つけるというのが、あなたの晴れの舞台を迎える日に、とてもキレイになるため・魅せるための大きなポイントとなります。
挙式本番・結婚式が始まる1ヶ月くらい前から、結婚式当日に向けてヘアーメイクの計画を練りはじめることをオススメします。

これは、結婚式場の美容院・またはスタッフにお願いをしてもいいと思いますし、ヘアーメイクを専門にして仕事をしている方に外注したり、あなたをとてもキレイに見せてくれる人にお願いしてみてはいかがでしょうか?
その際、結婚式を行う会場の担当の人に、外部のスタッフを使っていいかどうかという確認を忘れずにするようにしてください。

Favorite

パーソナルジムを札幌エリアで探す

Last update:2019/1/7

pagetop